横浜市専門の格安葬儀社メモリアルセンターなら
葬儀費用全国平均や他社と比べて
ぐっとお安くお葬式を行えます。

一般葬の場合 葬儀費用全国平均や他社と比べた横浜葬儀メモリアルセンターの価格(一般層の場合)
※1 参照:一般財団法人日本消費者協会「第12回 葬儀についてのアンケート調査報告書(2022年3月)」 ※2 各種割引適用価格

市営斎場での葬儀数横浜市No.1の
横浜葬儀メモリアルセンターだから
実現できるこの価格!
市営斎場を使うことで
大幅にコストダウンが可能です!

横浜葬儀メモリアルセンターは 2022年度 横浜市市営斎場 葬儀数 No.1!

葬儀実績7,000件以上 顧客満足度95%以上 追加費用一切なし
※自社アンケート調べ

公営斎場はメリットが沢山!

メリット1
メリット1

家族だけで静かに葬儀が上げられる

公営斎場は少し都市部から離れた郊外にあることがほとんどです。
そのため、近所の方にも知られることがなく、家族だけで静かに葬儀を上げることができます。

メリット2
メリット2

斎場利用料がかからない

民間の葬儀場では、斎場利用料として5万円~10万円程かかることが多いのですが、横浜葬儀メモリアルセンターでは公営斎場利用料金もプランの中に含まれているので、上乗せの心配がありません!

メリット3
メリット3

火葬場が併設されている

民間の葬儀場では、葬儀場で葬儀を上げてからバスやハイヤーなどで火葬場に行くのが一般的です。 その為、交通費やバス・ハイヤーのチャーター料金が追加で発生することがほとんど。
その点、公営斎場の場合は火葬場が併設されているので、交通費もかかりませんし、移動の時間もかかりません。

はじめて葬儀をされる方

ご不安なら、まずはお電話ください! 0120-616-668
年中無休・24時間対応(通話無料)

横浜葬儀メモリアルセンターが 選ばれるつのポイント

1業界最安値!

葬儀事例 1
葬儀事例1のイメージ
家族葬
家族葬プラン価格
400,000円(税込)
早割り
-30,000円(税込)
葬祭補助金
-50,000円(税込)
総額 320,000円(税込)
葬儀事例 2
葬儀事例2のイメージ
火葬儀
火葬儀プラン価格
165,000円(税込)
早割り
-10,000円(税込)
葬祭補助金
-50,000円(税込)
総額 105,000円(税込)
しかも追加料金は一切いただきません

2高品質な葬儀・葬式を実現!

公営斎場専門!

上に記載の通り、「火葬場併設で移動費がかからない」「近所の方に知られない」「価格が抑えられる」など公営斎場にはメリットがいっぱいです。
大切な故人との最後の時だからこそ、不必要な心配が少ない公営斎場で式を上げませんか?

横浜市No1の信頼度!

横浜葬儀メモアリアルセンターは横浜市内の公営葬儀場で最も多くの葬儀実績があり、多くのお客様に信頼いただいています。

横浜葬儀メモリアルセンターの葬儀・葬式プラン

火葬儀プラン

お通夜・告別式を行わない
火葬のみのシンプルな葬儀

火葬儀プラン
通常価格165,000円(税込)のところ 105,000円[税込]
  • お通夜
  • 告別式
  • 火葬
プランを詳しく見る

1日葬プラン

お通夜を省略した
1日で行う葬儀

1日葬プラン
通常価格350,000円(税込)のところ 280,000円[税込]
  • お通夜
  • 告別式
  • 火葬
プランを詳しく見る
おすすめ

家族葬プラン

ご家族のみで
ゆっくり行う葬儀

家族葬プラン
通常価格400,000円(税込)のところ 320,000円[税込]
  • お通夜
  • 告別式
  • 火葬
プランを詳しく見る

一般葬プラン

故人様を送る
一般的な葬儀の形式

一般葬プラン
通常価格520,000円(税込)のところ 420,000円[税込]
  • お通夜
  • 告別式
  • 火葬
プランを詳しく見る

生活保護プラン

生活保護の方向けの
火葬のみプラン

生活保護プラン
無料
  • お通夜
  • 告別式
  • 火葬
プランを詳しく見る
※早期適応・葬祭補助金利用の場合

葬儀・葬式費用のお支払いについて

突然の逝去で葬儀費用が足りるか心配な方にも安心
各種クレジットカードに対応!
※一部ご利用いただけないカードがございます。 ※お寺様・僧侶の手配料にはご利用いただけませんのでご注意ください。
支払い可能なクレジットカードのロゴ一覧

大切な人がご逝去・亡くなった時にすること

葬儀メモリアルセンターでは全安置日数分無料のご安置施設からご希望に合わせてすぐに手配いたします。

1

医師が死亡を確認し、死亡診断書を発行します。

2

看護師が故人様のお体を拭き清め、霊安室へ移動します。

3

ご家族様が葬儀社に連絡し、寝台車を手配します。
尚、その際ご安置先をご自宅又は安置施設か、希望の場所を葬儀社に伝えましょう。

4

葬儀社が故人様をご自宅又は安置場所までお連れいたします。
ご自宅安置の際は出来るだけ1階のエアコンの有る部屋に布団(ベットでも良い)を敷いて頂き、葬儀社にお体の保全処置をしてもらいます。

1

ご自宅でご逝去された場合、ご家族様が掛かり付けの医師に電話して下さい。
尚、突然のご逝去の場合は、警察に電話します。

2

医師が死亡を確認し、死亡診断書を発行します。

3

ご家族様が葬儀社に連絡し、寝台車を手配します。
尚、その際ご安置先をご自宅又は安置施設か、希望の場所を葬儀社に伝えましょう。

4

葬儀社が故人様をご自宅又は安置場所までお連れいたします。
ご自宅安置の際は出来るだけ1階のエアコンの有る部屋に布団(ベットでも良い)を敷いて頂き、葬儀社にお体の保全処置をしてもらいます。

1

突然死や事故死などの場合、警察が死因を調べます。
その際ご遺体搬送の事で警察の方より葬儀社・又は搬送業者が決まっているか問われますので、極力葬儀社にお迎えに来てもらいましょう。 ※業者に心当たりが無いと警察指定の葬儀社を紹介されますが、パニック状態をいい事にとても高い葬儀料金になる事が殆どですので注意が必要です。

2

警察がご家族様へ警察又は病院へのお迎え日時を連絡します。

3

ご家族様が葬儀社に連絡し、寝台車を手配します。
尚、その際死因を詳しく調べる為、検案所に搬送する事が殆どです。

4

検案後、葬儀社が故人様をご自宅又は安置場所までお連れいたします。
ご自宅安置の際は出来るだけ1階のエアコンの有る部屋に布団(ベットでも良い)を敷いて頂き、葬儀社にお体の保全処置をしてもらいます。 ※警察案件の場合、基本料金とは別に別途費用が必要になる事がございます。(検案料・搬送料・処置料など)